甲南高等学校・中学校

MENU
ENGLISH

SCHOOL
LIFE

学校生活と進路

生徒の声

中学1年生  |  牧野 豪人君
< フロントランナー・コース >

「明るく楽しい居心地のいい学校です」

ぼくは小学校4年生の時からずっと将棋をしてきたので、将棋部に入部しました。さほど上手ではないのですが、先輩方がわかりやすくアドバイスをしてくださるので、少しずつ上達し、楽しく活動することができています。授業は、たまについていけなくなりそうなときがありますが、先生方がすぐに理解できるまで教えて下さるので、勉強ではそれほど困っていません。時間に余裕のある時には、部活動以外の関心事に取り組む時間があります。明るく楽しい居心地のいい学校でよかったです。

中学2年生  |  矢野 稜士郎君
< アドバンスト・コース >

「勉強も部活も一生懸命に取り組むことができます」

甲南中学校では周りの生徒がみんな明るく優しいので、勉強も部活も楽しく取り組むことができます。何か困ったことがあっても友達がいつもそばにいてくれるので相談に乗ってくれます。また、甲南の先生方は勉強と部活両方に力を注いでくださっていて、試験前に補習をしていただいたり、部活でアドバイスをいただいたり、いつでも手助けをしてくださいます。ぼくはバスケットボール部に所属していますが、アドバイスのおかげでみんな上達するのがとても早いです。部活の先輩方もプレーのことだけでなく勉強も積極的に教えてくださるので、そんな先輩方を尊敬しています。このように甲南中学校はとてもぼくに合っているのでこれからも勉強と部活両方に一生懸命に取り組もうと思っています!

中学3年生  |  小林 恒貴君
< フロントランナー・コース >

「お互いに助け合い、高めあえる学校です」

甲南の一番の特徴は、明るく、非常に雰囲気が良いことです。部活動では、わからないことがあっても後輩想いの先輩が優しく教えてくれます。勉強では、特にフロントランナー・コースでは、難しい内容もありますが、友達と助け合い、また良きライバルとしてお互いに高めあっています。勉強でわからないところは、もちろん先生にも教えていただけます。先生方は勉強だけでなく、生徒一人一人に合ったアドバイスを与えてくださったり、相談に乗ってくださったり、とても温かく私たちを見守り支えてくださいます。

高校1年生  |  壷内 寿之輔君
< アドバンスト・コース  グローバル・スタディ・クラス >

「グローバルの学びで自分の可能性が広がっています」

今、私が勉学に励んでいるグローバルスタディのクラスは、仲間との絆やライバル心、活気ある行動力が自慢のクラスです。また、グローバルな視点から自分の個性や良さなどを大きく引き出し、様々な観点から学ぶことができます。他のクラスに比べると英語を学ぶ機会がとても多くあります。例えば、英語の本を習慣的に読んだり、英語の本を要約したり、多くの活動や課題があります。それらをこなすことによって、格段に英語力が上がったと実感しています。クラブとの両立の可能です。私自身も様々な大会でよい成績を残せました。文武の両立を行うことによって、計画性やメンタル面でも自分に自信が持てるようになり、自信の可能性が広がっています。

高校2年生  |  冨田 悠真君
< アドバンスト・コース >

「野球を通して人のつながりを大切にしています」

私は、父が甲南OBということもあり、常に周りに「甲南」がある環境で過ごしてきました。祖母や両親の勧めもあり、甲南中学への入学を決め、現在までとても楽しく過ごせています。部活動では、中学からずっと野球部に所属し、縦、横のつながりを大事に日々練習に励んでいます。校内には室内練習場があり、雨での練習ができるので天候に左右されずに練習することができています。勉強面では、iPadを利用して、パワーポイントなどのアプリを使い、楽しく効率的に学習できています。先生には気軽に質問しやすく、文武両道を実現できています。

高校3年生  |  小野 公暉君
< フロントランナー・コース >

「甲南で本当によかった」

甲南での6年間で得た一番の宝物は人間関係です。フロントランナー・コースは少人数での化学実験など発展的で楽しい授業が魅力です。しかし、理系科目の進度が速く、気持ちが折れそうになったこともあります。そんな時は友達と一緒に力を合わせて頑張ってきました。生徒同士では解決できない問題に出会った時は、先生に質問すれば丁寧に説明してくださいました。こうして、一人では乗り越えられない壁はみんなで打ち破ってきました。また、私は6年間剣道部に所属しましたが、ここでの人間関係も私の宝物です。先生、先輩、後輩の、いわゆる縦のつながりを通して、一人の人間として成長することができました。中高6年間で築いた人間関係はこれから先もずっと、私の宝物です。