甲南高等学校・中学校

MENU
ENGLISH

ADMISSION

入試情報

よくあるご質問

入試について
Q1:出願方法について教えてください。

A1:中学校はWeb出願、高等学校は紙の願書による出願となります。

Q2:中学入試I期午前b方式の出願手順・資格・試験内容について教えてください。

A2:b方式をお考えの場合は、甲南中学校での入試説明会でエントリーシートを受け取っていただき、そのシートに資格内容を記載し、内容を証明する書類のコピーを添えて指定日に提出してください。資格が認められた受験生のみb方式の出願が可能となります。b方式の「総合基礎問題」は、国語と算数の基礎的な問題を各教科50分で解きます。問題の難度は、教科書の章末問題程度です。また、国語では作文の問題が含まれます。

Q3:帰国生入試について教えてください。

A3:甲南高等学校・中学校は、それぞれの帰国生入試と編入試験(年2回)を行っています。これらの入試では、甲南の授業についていけるか、学校になじめるかを総合的に判断し、合否を判定します。出願資格は原則として次のようになっています。受験をお考えの場合は、本校までお問い合わせください。

海外に1年以上在住し、帰国後半年以内に編入学を希望するもの

海外に2年以上在住し、帰国後1年以内に編入学を希望するもの

海外に4年以上在住し、帰国後2年以内に編入学を希望するもの

Q4:中学入試の勉強のポイントについて教えてください。

A4:
■国語
物語文では、登場人物の心情や文中の情景などを、説明文・論説文では、筆者の主張や説明の主眼などを読み取る力をつけましょう。詩・短歌・俳句も出題されます。漢字、熟語、ことわざや慣用表現は意味や使い方もしっかり理解しておきましょう。また、作文問題の対策として、自分の言葉でていねいに文章を書く練習をしておきましょう。

■算数
計算や図形などの基礎的な問題は、苦手分野を残さないように繰り返して練習しておきましょう。文章題は、計算式などを書いて答える問題ですので、解いた過程がきちんとわかるように式を整頓して書くことを心がけて下さい。いくつかの小問で構成されています。

■理科
物理・化学・生物・地学の4領域の知識だけを覚えるのではなく、自然現象や科学的な事象の原理や原則を正確に理解することや、実験や観察の手法・手順、実験器具の使い方をしっかりと覚えておくことが大切です。また、実験や観察の結果の数値を読み取ったりグラフに書いたりする力も身につけておきましょう。

Q5:高校入試でフロントランナー・コースを志望することはできますか。

A5:フロントランナー・コースは、中学入試のみの募集ですので、高校ではアドバンスト・コースのみの募集となります。

学校生活全般について
Q1:フロントランナー・コースの特徴を教えてください。

A1:「国際社会の様々な分野に進出し、第一線で活躍できる人物の育成」を目的に、フロントランナー・コースが設置されました。理系科目にウェイトを置いたカリキュラムで学び、難関国公立・私立大学への進学を目指します。また、「サイエンス・ラボ」「グローバル・ラボ」といったプログラムでは、実験・実習・ワークショップなどを通じて、グローバル社会で必要とされる理系の素養や多様な文化や価値観のあふれる社会で活躍する力を養います。

Q2:アドバンスト・コースの特徴を教えてください。

A2:アドバンスト・コースは「教室から社会へ、教室から世界へ」をキーワードに、社会の様々な分野で個性や才能を発揮できる人物を育てることを目標としています。甲南大学のほか、海外大学・国公立大学・難関私立大学など、多様な進路に対応するカリキュラムで学びます。海外留学を柱とする「グローバル・スタディ・プログラム」の学びは、アドバンスト・コースで進めていくことができます。

Q3:途中でのコース変更は可能ですか。

A3:アドバンスト・コース生で中学2年生からフロントランナーの学びを進めたいという生徒は、所定の成績基準を満たせば、中学2年生からスタートする「フロントランナー2」に入ることができます。また、中学3年生進級時・高校1年生進級時もコース変更は可能で、明確な目的意識を持っていることが必要とされます。

Q4:フロントランナー・コースの生徒には、クラブ活動の制約はありますか。

A4:7時間目の授業や休暇中の特別授業などがありますが、フロントランナー・コースの生徒も自由にクラブ活動を選択することができます。

Q5:クラブ活動の時間を教えてください。

A5:中学生は最大で週5日、高校生は週6日としています。活動時間は、午後6時までです。高校生は、公式戦やコンクール前には、7時まで1時間の延長練習が認められています。

Q6:グローバル・スタディについて教えてください。

A6:高校2年生での海外留学を柱とする「グローバル・スタディ・プログラム」は、高校2年3年のアドバンスト・コースに設けられたプログラムで、アメリカ・カナダ・イギリス・ニュージーランド・オーストラリアのいずれかで約10週間または半年の海外留学を経験します。その前段階教育として中学3年生より「グローバル・ファウンデーション(国際教養プログラム)」が始まります。

Q7:どんな留学制度がありますか。

A7:姉妹校・協定校への短期(3ヶ月以内)、中期(6ヶ月)、長期(1年)、それぞれの留学が用意されています。また、YFUやAFSなどの公的な留学機関を利用する長期留学(1年間)も可能です。中~長期の留学は、「グローバル・スタディ・プログラム」を選択していることが原則となります。これらの留学には学内選考があります。また、学校が公認する留学制度・留学機関による1年間の留学者は、帰国後、進級して元の学年に戻ることができます。

Q8:放課後の補習について教えてください。

A8:中学では定期考査の成績に基づいて、主要教科で「特別学習」と呼ばれる放課後の補習や「指名補習」(長期休暇中)が行われます。また、中学生には課題を定期的にWebで配信し、基礎固めの学習を進める「放課後学習会」が行われます。チューターが常駐し、わからないところを教えてもらうことができます。

Q9:甲南大学への推薦資格を持ったまま他大学受験ができる「留保受験制度」について教えてください。

A9:甲南大学への内部推薦で進学する場合は、「甲南大学進学願」を高校3年の12月に提出することになっています。進学願を提出するまでは、国公立大学・私立大学に限らず総合型選抜(旧AO入試)や学校推薦型選抜(旧推薦入試)を自由に受けることができます。国公立大学に関しては、進学願提出後も、留保受験をすることができます。一方、私立大学の受験に関しては、甲南大学に無い学部に限って留保受験をすることが可能です。