新着情報

自治会総務・中学生委員会活動報告

  • 2014/08/04
  • 学校行事

田植えの維持活動(三学園環境学習)

716日(水)、中学生委員会と生徒有志で三学園環境学習の田植えの維持活動を行いました。

いぐさの除去や農家の方のサポートが今回の目的です。

三学園環境学習は6月の田植えから7月の田植えの維持活動、10月の稲刈り・脱穀などの一連の

自然学習活動全体の活動です。

また、9月には住吉川環境学習として、周辺地域のフィールドワークなども行います。

その中、自然との共生を養うことを目的としています。

本校では自治会総務[生徒会の代表者、生徒の自治を尊重するため自治会と呼びます]、中学生委員会や

有志を中心に環境活動を通じて、様々なことを吸収しています。

今年の田植えは平年並みですが、いぐさが多く、養分を吸収するとのことでした。

7月の中旬が多く、来年もこの時期に多くの参加者を募りたいとのことでした。

生徒・教員での田植え維持活動をともに行い、かけがえのない経験を行うことができました。

 

また、その後、畑の新しい栽培方法について、職員の方とともに検討をしました。

サツマイモなどの栽培を行い、小学生から大学生までの環境学習をより良いものにしようという思いを

新たにしました。

ご協力いただいた、田植えの管理者の河本様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

[夏の交通安全キャンペーン]

また、718日(金)、阪神地域の交通安全キャンペーンを西宮ガーデンズ前にて行いました。

本校から自治会総務と教員が参加致しました。

この活動は高校生と教員、警察の関係者の方とともに自転車の安全運転などを呼びかけて、

地域の皆様とともに考える活動です。

例年、夏休み前に、交通安全を留意して、ルールを守り、安心して生活するための心得を学んでいます。

 

自治会総務活動はボランティア活動や行事運営[体育祭、文化祭]だけでなく全国生徒会大会などで自分たちの

思いを発表するなど、多岐に渡るようになりました。これは生徒の自治が着実に身について、行動しているからだと思います。

これからも私たちができることを考えていきながら、一歩一歩、行動していきたいと考えています。[自治会総務担当者]

一覧へ戻る