新着情報

Hiraoアワー(4月16日)

  • 2014/04/18
  • 学校行事

本日、山内副校長より、「阪神間の津波の可能性」という演題で話を聞きました。山内先生は地学が専門で、南海トラフ巨大地震津波の規模を、コンピュータグラフィックスを用いて、具体的にわかりやすく説明していただきました。その被害の規模に生徒は息を飲んで見入っていました。震災は起こらないことを願ってますが、万が一、発生した際には、ぜひこの学びを生かしてほしいと思っています。

一覧へ戻る