新着情報

中学ホッケー部、全国11人制大会ベスト8の原動力に

  • 2013/11/11
  • クラブレポート

 11月9日(土)から10日(日)まで、福井県越前町で第14回全日本中学生都道府県対抗11人制ホッケー選手権大会が行われ、兵庫県チームがベスト8に進出しました。

 今年は登録選手の15名のうち、14名が本校生です。素晴らしい活躍を見せてくれました。甲南中高のホッケー部員が全国大会でのベスト8を経験するのは、今世紀に入ってからでは初めてのことです。

 2回戦の山形県との試合は、拮抗した展開で0-0のままPS(ペナルティストローク)戦に突入した末の勝利でした。皆、最後まで集中力を切らさずによく頑張りました。
 3回戦(準々決勝)は、今大会で優勝することになる地元・福井県との試合でした。強豪相手に大敗も覚悟しましたが、0-5に抑えました。特に後半は敵陣に攻め込む時間帯も作ることができました。
 この素晴らしい経験を、今後につなげていきたいと思います。

 スコアの詳細は下記のとおりです。

   2回戦 対 山形県
    0-0(前半0-0、後半0-0)、PS3-2

   3回戦 対 福井県
    0-5(前半0-2、後半0-3)

 末筆ではありますが、今大会で合同チームとしてお世話になった丹南・篠山中学校の皆様、遠方にもかかわらず応援に駆けつけてくださったご家族の皆様に心より御礼申し上げます。


 

一覧へ戻る