新着情報

高校1年生「グローバル・スタディ・プログラム」探求学習

  • 2021/09/21
  • 授業レポート

グローバル・スタディ・プログラムでは、3年間の探求学習を実施しています。高1のグローバル・リサーチⅠでは、防災・減災/震災復興をテーマに1年間の探求学習を行い、リサーチの基礎を学びます。

1学期は、阪神・淡路大震災の概要を学び、調べ、ポスターにまとめました。また、阪神淡路大震災の被災者の方にインタビューをし、レポートにまとめまるプロジェクト学習も行いました。2学期は、防災・減災/震災復興をテーマに各自がテーマを設定し、レポートを作成し、12月にはポスター発表を行います。

現在、研究テーマに対して、問いを立て、具体的なリサーチクエスチョンを導く作業を実施しています。生徒たちは先行研究・事例から現状を把握し、付箋や紙を使い、キーワードを掘り起こし、リサーチクエスチョンの候補を多面的に検証しようとしています。12月のポスター発表で興味深い発表ができるでしょうか。非常に楽しみです。

【生徒研究テーマの例】
・処理水放出における外国の反応と非難の対策
・東北大震災の震災遺児について
・保険代や交通費などが支払われる有償ボランティアはもっと普及すべきか
・福島イノベーション・コースト構想により地域産業は回復するのか

一覧へ戻る