新着情報

ソフィア講演会が開催されました

  • 2020/09/30
  • 学校行事

社会の各分野で活躍される方をお招きし、生き方・考え方を学ぶ「ソフィア講演会」が、930日(水)930分からオンラインで開催されました。今回は、東京大学名誉教授・国立研究開発法人海洋研究開発機構元理事長平朝彦先生にお願いし、講演「地球深部探査船「ちきゅう」の挑戦~プレート沈み込み帯の謎を解く~」を行っていただきました。講演では、海洋底拡大説の証明やプレートテクトニクス、南海トラフの深海掘削、四万十帯の研究など、平先生が携わられた調査研究の成果を伺い、地球科学を学び、今後の人間と地球環境の関係を考える機会となりました。


生徒の声

平先生のお話を伺い、日本近辺は、プレートが4つ海溝が2つ存在するという特異な環境で、研究には素晴らしい環境であることを知りました。これまでの調査研究のお話を伺い、数億年後の地球の姿を知りたく思いました。また、地球環境の危機を深刻に捉えながら、地球と人間の関係性を今後しっかりと考えていく必要を感じました。(高3)

 

世界史の授業では数千年のさかのぼりにとどまるため、数千万年、数億年前の世界を想像するのは難しかったです。しかし、平先生が最後に「人間の活動によってどの時代も変化している」とおっしゃられたのを伺い、1945年からの短い「人新世」が短くも深い時代であることを自覚しました。(高3

一覧へ戻る