長谷川三郎年譜

長谷川三郎(1906~1957)

1 生い立ち

1906年9月6日、11人兄弟の第3男(第5子)として、山口県豊浦郡長府町(現在、山口県下関市)に生まれる。

父の転勤に伴い1910年、神戸に転居。1918年現在の芦屋市呉川町に転居し、甲南小学校に転校。1919年、甲南中学校、1923年、旧制甲南高等学校に進学。この頃画家になることを志し、制作活動を始める。

1926年、東京帝国大学美学美術史科に進む。

(卒業論文:雪舟研究)

 

2 渡米、滞欧時代

 1929年、卒業。渡米、滞欧しモンパルナスにアトリエを借り、制作活動をはじめる。

ピカソ、モンドリアンの抽象絵画に影響を受ける。1930年サロン・ドートンヌ展に入選。

父の死の知らせを受け帰国する。

 

3 日本での活動

 滞欧作品による個展や作品の発表を続け、「新時代洋画展」「自由美術家協会」を設立。日本に抽象芸術を紹介し、著書『アブストラクト・ア-ト』を出版するなど、評論家としても重要な役割を果たしていた。

1950年、イサム・ノグチを日本に紹介したのも長谷川三郎であり、この頃から東洋の精神と西洋の芸術の融合について取り組み始める。

法政大学通信教育部において「図画教材研究」を出版、美術教育にたずさわる。

 

4 晩年、アメリカでの活動

 1950年頃より拓本、木版、水墨の制作に専念する。蒲鉾板による木版屏風をロック・フェラ-三世婦人に買い上げられる。

アメリカ抽象美術家協会より招請状を受け参加、これを機に「日本アブストラクト・アート・クラブ」を設立。

カリフォルニア美術工芸大学及びアメリカ東洋文化研究所より招聘を受け渡米。

共に美学及び美術史を講義する。サンフランシスコのアメリカ東洋文化研究所内に住み、東洋の精神を広めつつ、サンフランシスコ、オークランド、ニューヨーク各地で個展等を開き制作活動も意欲的に行う。

長谷川三郎記念ギャラリー一覧へ戻る