新着情報

2018年度第1回「ソフィア講演会」が行われました

  • 2018/06/06
  • 学校行事

66日(水)午後、甲南大学体育館に国連食糧農業機関(FAO)親善大使、元NHKキャスター国谷裕子さんをお迎えし、今年度第1回目の「ソフィア講演会」が行われました。

講演「新しいモノサシで考える~今伝えたいSDGs」のお話は多岐にわたり、日本の食糧廃棄と最上昇する世界の飢餓人口の現状、2015年の気候変動抑制に関する「パリ協定」、悲鳴を上げる地球環境とそこから連鎖する悪循環の問題、また、国レベル・企業レベルでの目標達成への取り組みなどについてお話されながら、「SDGs 持続可能な開発のための2030アジェンダ」を中高生にわかりやすく説明されました。

甲南中高の生徒たちには、世界中が目標に取り組んでいく重要性と自分たちに身近な目標に取り組む必要性を訴えられ、「今起きていることを知る」「自分がやっていることが、また、やろうとしていることがいいことなのか考える」ことが大切であるとメッセージを送られました。

国谷さんは、最後に、国連副事務総長のアミーナ・モハメッドさんの言葉「地球は私たち人間なしでも存続できますが、私たちは地球なしでは存続できません。先に消えるのは私たちなのです」を紹介され、講演が終了しました。


一覧へ戻る