新着情報

1学期始業式

  • 2018/04/09
  • 学校行事

 1学期の高校・中学の始業式が行われました。始業式では、校歌斉唱の後、新任の先生方が紹介されました。山内学校長からは、本校の創立年1919年の皆既日食からアインシュタインが一般相対性理論を証明したことと本校の卒業生で、湯川秀樹、朝永振一郎とともに日本の素粒子物理学をリードした物理学者坂田昌一さんとその弟子であったノーベル物理学賞受賞者益川敏英さんのお話が紹介されました。学校長からは、「個性的な人間だけが新しいアイデアを出せる」というアインシュタインの言葉と「凡人がことを成し遂げるためには、勤勉でなければならない」という坂田さんの言葉が紹介され、個性を伸ばし、こつこつ努力し、「世界に通用する紳士」になるようにと年度最初のメッセージが伝えられました。
 
 高校始業式後は、部活動表彰に加え、企業インターンワーク全国大会3位受賞の生徒が表彰されました。これは、昨年度から始まった高校アドバンストコースのキャリア教育のプログラムから生まれました。また、IPC関西地区高校生スピーチコンテスト日本語の部優勝者と英語の部準優勝者の高三生徒もその表彰状が披露されました。また、中学始業式後には、新1年生と2・3年生の対面式が行われました。
 

一覧へ戻る