新着情報

【将棋】県選手権 団体・準優勝 個人・A級&B級アベック優勝!全国へ

  • 2017/05/04
  • クラブレポート

5月3日(水・祝)、県立尼崎稲園高校で行われた「第45回兵庫県高等学校将棋選手権団体戦」におきまして、甲南高校Aチーム(高3・山道淳也、高1・小路優輝、高2・服部宏毅)が、準優勝いたしました。

予選リーグを3連勝で決勝トーナメントに進出し、準々決勝・白陵A、準決勝・灘A戦を接戦で制しましたが 決勝・御影A戦で12敗と惜敗しました。

また、甲南高校Bチーム(髙2・井原正顕、髙2・松本潤、髙2・川飛諒馬)も予選リーグを3連勝で通過。決勝トーナメントは雲雀丘に敗退しましたがベスト8と健闘いたしました。

 

翌日の5月4日(木・祝)に行われた「第45回兵庫県高等学校将棋選手権大会個人戦」には前日の惜敗の念を切り替えて挑み、A級(有段者、県下30名登録)では山道淳也君(高3)が優勝。B級(級位者、県下134名参加)では井原正顕君(高2)が優勝いたしました。

A級は全国高等学校総合文化祭(みやぎ総文2017)将棋部門の予選も兼ねており、この結果、山道君は834日に宮城県白石市行われる同大会男子個人戦に兵庫県代表として出場することが決まりました。

 

今年は、団体戦は惜しくも県準優勝という結果でしたが、個人戦で雪辱を果たしました。今後も精進して、よりよい活動を展開していきますので、応援ください。

一覧へ戻る