新着情報

中学1年生「数学」(フロントランナー・コース)

  • 2020/10/18
  • 授業レポート

1014()1限の数学1の授業では、連立方程式の解の導入を行いました。連立方程式は1次方程式とは違い、文字を2つ使って解を求めるため、1年生にとっては難しくとっつきにくい単元です。まずは、文字を使わずにグループが何組できるかを体験させるため、動きながらグループに分かれるように指示し、グループの班が何組できるかを考えました。そして、1次方程式とのつながりを意識させながら、文字を2つ使って式を表し、文字に値を代入して解が求まるかどうかを学びました。


一覧へ戻る