甲南独自の人間教育

甲南では一人ひとりの個性・才能・創造性を伸ばすことで、社会に出てからも活躍できる人物の育成を図っています。
そのために、教科の学習に加えて、特色ある独自の学びを展開。興味・関心を引き出し、自発的な成長を実現しています。

個性を大きく伸ばす

自ら学び、自ら成長する力が社会で生きる
「学び」には勉強するという意味だけでなく、経験を通して知識や知恵を深め、自分の身につける意味があります。この「学び」は学校を卒業してからもずっと続くもので、社会で生きていく上で欠かせない能力です。この「学び」の姿勢を養うためには、自分の興味のあることを見つけ、それを深く掘り下げていくことが必要。熱中していくうちに自発的な「学び」が可能になります。

個性を大きく伸ばす

中学自学自修プロジェクト(中1・中2)

土曜日のゆとりある時間を生かし、生徒一人ひとりが興味・関心ある事柄を1年間に渡ってじっくり探究するのが自学自修プロジェクト。自分の意思で学んでいくことで、個性の伸長を図ります。先輩の優秀作品も参考にしながら自分のテーマを決め、研究の成果をレポートなどにまとめて発表します。音楽や小説などの創作活動を行ったり、ボランティア体験をまとめたりする生徒もいます。

これまでの優秀作品

中学1年最優秀賞中学2年最優秀賞

世にも奇妙な食物語~食品添加物について~

讃岐うどんについて

万葉歌碑を探す

石灰岩について

様々画家~作品と生涯~

プロ野球の経済効果

短編小説「紅葉」

ショパンのワルツとピアノ演奏

神戸の町でトリックアートだ!

大祓詞(おおはらえのことば)の研究

第62回神宮式年遷宮について

原発に対する日本の向き合い方

豚足の骨格標本を作成しての一考察

スポーツ選手にとって大切な栄養の取り方、栄養について

日本が目指す宇宙開発の可能性

備前焼

世にも不思議な食物語

坂本龍馬 万葉歌碑を探す

未来の自分を考える

将来に向けての意識を強く持てば思いは実現する
将来の夢は、いつまでも夢ではいけません。夢を目標に変え、より具体的にイメージすることが必要です。また、現在学んでいることが社会にどのようにつながるかを知ることも大切です。学校生活を過ごす意味を理解し、自分の進むべき道が見えてくれば、学びの意欲が高まり、充実した日々へと変わります。そうすることで自己の将来像に一歩一歩近づきます。

未来の自分を考える

OBワークショップ(中3)

甲南にはさまざまな分野の第一線で活躍するOBがおり、その人材も豊富で幅広いネットワークがあります。そこで年2回OBを招き、いくつかのグループに分けてワークショップを開催。仕事のことはもちろん、中高時代に学んだことで社会に出てから役立ったことや、OBの方の甲南時代を熱く語っていただきます。実体験から来る話を耳にすることで、将来に向けての意識が高まります。

詳しい内容を見る

生きる力を養う

知識を生かし、問題をひも解き、新しい世界を知る。
知識とは、それを使って主体的に行動し、さまざまな問題を自ら解決するためのもの。その知識が新たな疑問を呼び、試行錯誤を繰り返していくことで探究することのおもしろさに気づきます。一人ひとりの生徒が、経験(experience)、探究(exploration)、表現(expression)、交流(exchange)したことを仲間と共有し、将来社会で活躍できる知識と力を養っていきます。

生きる力を養う

E-Study(文1コース/高2・高3)

自らの興味・関心を追求し、主体的に学ぶ力を身につけるために、高校2年生・3年生を対象に実施。「国際」「環境」「経済」「経営」「法」「社会問題」のカテゴリーの中から自分でテーマを設定し、研究を進めます。文献やインターネットによる調査にとどまらず、校外にフィールドワークへ出かけ、実際の現場での取材や聞き取りを行います。また、学んだことを他の生徒と共有するために、研究成果のプレゼンテーションを行います。

これまでのテーマ

企業の経営戦略~ポイントカードシステム~

日本の漫画はなぜ愛されるか~なぜ世界に通用するのか~

大阪人と兵庫人~言葉の意識とその行動の比較~

色を見た時の人間の心理~人間の心理に色はどう影響するか~

日本のスポーツと経済~近年のスポーツは日本にどのような経済効果を与えているか?~

ファッションと時代の変化の関係~ファッションの変化と時代の変化が関係してくる大きな要因は家族にあるのか~

第一印象~人はどのようにして他人を判断するのか~

スーパーの販売戦略~スーパーはどのようにして生き残るのか~

ファスナー革命~進化するファスナー

ユニクロはなぜスポーツ業界に参入してきたのか

なぜラグビーは他球技に比べてマイナーなのか
~2019年日本開催W杯を成功させるためには

 

世界を見すえる

異文化理解で国際感覚と自己理解が深まる
自分とは異なる文化で育った人間と知り合い、友人関係を実らせる。世界とふれあうことで、自分とは違う見方や考え方があることを知り、それを尊重し、受け入れる姿勢が身につきます。また、異文化が鏡となり、自らの文化を再発見することで、自らの魅力・価値をより高めるきっかけにもなります。「世界に通用する紳士」を目指す甲南生には欠かせない資質です。

世界を見すえる

国際交流(中2~高3)

長期留学・短期留学・語学研修・クラブ間交流など、甲南では海外での体験を積む機会を数多く設けています。卒業を遅らせることなく(原級することなく)、1年間留学することができ、さまざまな文化にふれながら視野を広げる絶好の機会です。また、交換留学生も積極的に受け入れており、学校生活の中にも国際交流を始める環境があります。

姉妹校

The United Kingdom/ダリッチ・カレッジ校
The United Kingdom
ダリッチ・カレッジ校
New Zealand/クライスト・カレッジ校
New Zealand
クライスト・カレッジ校
Australia/セントジョセフ・カレッジ・グレゴリーテラス校
Australia
セントジョセフ・カレッジ・グレゴリーテラス校
The United States/ル・ジャルダン・アカデミー校
The United States
ル・ジャルダン・アカデミー校

詳しい内容を見る

好奇心を刺激する

実体験が力になり科学的な探究心が育まれる
「百聞は一見にしかず」ということわざがあります。科学の分野は正にこのことわざ通りで、どれだけ多くのテキストを読んでも、たくさん問題を解いても、実践や実習に勝るものはありません。より高度な実験をすればするほど、知的好奇心はより大きく膨らんでいくでしょう。そこで生まれた驚きや感動は、将来により本格的な研究を行う際に欠かせません。

好奇心を刺激する

理数特別実験研究(理数コース/高2)

通常の授業では行えない、より本格的で専門性の高い実験や実習に、高校2年生の夏休みを活用してじっくりと取り組みます。少人数のグループに分かれ、物理・化学・生物・地学・数学・情報の分野から選択。甲南大学の教員のサポートを得て大学の施設で進める実験や、臨海学習に行き自然の中で行う実習などを通して科学的好奇心を高め、大学での専門的な学びにつなげます。

主な研究内容

海洋調査

ウニの発生実験

野生小動物の生態調査

ナノバイオ研究

エネルギー保存則

ストロボ写真による運動の解析

パソコンの仕組み

グラフ電卓でアート

個々の才能を磨く

目的を持ち、大学での学びを価値あるものに
大学では目的意識を持って学ばなければなりません。大学進学への動機を明確にし、入学後にも続く強い意欲を養っていくことが必要です。大学の専門的な講義を体験することにより大学への興味や積極的な学びに対する自覚が深まり、進路目標をより明確化することが可能となります。中高と大学が連携することにより、長期的な視点での人材育成が図られています。

個々の才能を磨く

高大連携講座(文Ⅰコース/高3)

法学、経済学、心理学、情報学など大学での専門科目の入門となるものを高校時代に学び、大学入学後の基礎的素養の育成を図ります。甲南大学法学部、知能情報学部、会計大学院などの教員による授業をはじめ、裁判官、弁護士、検察官による授業や、大学でのゼミ見学、模擬裁判、研究室訪問など、高大が連携・融合して一人ひとりの才能を中高時代からじっくりと育成し、強く明確な目的意識をもった大学進学を目指します。

講義内容の例

個々の才能を磨く

模擬裁判
甲南大学法科大学院の法廷教室を利用し、
刑事裁判の模擬裁判を体験します。
ロボットと情報
ロボットの制御に関する甲南大学知能情報学部の
研究成果を聞き、情報の扱い方を学びます。